リフォーム・リノベーションで
中古住宅を売りやすく

当社は中古戸建や中古マンションを自社で買い取り、リフォームやリノベーションを施してから販売する”中古住宅の買取再販”をこれまで数多く行なってきました。その経験を通じて「どのような施工をすれば売れやすいか?」というノウハウを身に付けることができました。培ったノウハウを元に、売主様の不動産を高く売るためのサービスをご提供致します。

デザイン性の高い工事が可能

最近では”古い中古住宅”を購入して、自分好みのリノベーションやリフォームをしたいという買主が増えてきています。一般的な不動産会社では、デザイン性の高いリフォーム・リノベーションは工務店に丸投げしている会社が多いですが、当社では専属のデザイナーを採用し、自社でデザイン性の高いリフォーム・リノベーション工事を行うことができるようにしています。

コスパを追求してローコストで提供

一般的な不動産会社では、リフォームやリノベーションは工務店に丸投げし、紹介料をもらっている場合がほとんどです。しかし、その場合だと工務店と不動産会社の利益が上乗せされるため、工事費用が高くなってしまいます。当社では現場管理者を採用し、自社内で「デザイン⇒発注⇒施工」を行えるようにしているため、ローコストで建築工事を提供することが可能です。

先進のCG加工技術・IT技術を
マーケティングに活用

最近のIT技術の発展は目を見張るものがあり、様々な分野でIT技術の活用が進んでいます。その傾向は我々不動産業界においても同様に進んでおり、当社はそれらのIT技術を積極的に導入しています。最新のIT技術をマーケティングに活用することで、より効率的に不動産を売却することが可能になります。

反響数UPに役立つバーチャル家具撤去

売却する物件を広告する際、室内写真が掲載されていないとお客様からの反響数は少なくなってしまいます。しかし、住みながらお家を売却する場合などでは、生活感のある室内をインターネット上で公開することに抵抗感を感じる人も少なくありません。そのような場合にはCG技術で室内の家具を撤去し、何もない状態にしてから広告するという方法があります。

生活イメージが見えるバーチャル家具設置

ハウスメーカーのショールームなどには、オシャレな家具が設置されています。その理由は、生活しているイメージが明確になることで、「成約率を上げることができる」からです。しかし、ショールームのようにオシャレな家具を揃えるのは現実的に難しい場合が多いでしょう。CG技術を駆使することで、バーチャルで家具を設置することができます。

他社が物件を売りやすい
環境をご用意

当社は”売主様専門の不動産売却サービス”のため、買主を探すための広告や営業活動は他社に協力してもらう形をとっています。他社に気持ちよく営業活動をしてもらうために、他社に対する制限を基本的に設けないようにしています。自社だけで販売活動を行うよりも、なるべく多くの不動産会社で協力して販売活動をした方が「好条件で売れる確率」はグンと高くなります。

自由に広告が可能

不動産会社には、会社によってルールがあり「自社で預かっている物件は他社に広告させない!」というルールを設けている会社も珍しくありません。両手取引をするために、いわゆる「独占広告」をするわけですが、独占広告をされると露出の機会が減り、物件が売れにくくなってしまいます。当社では”売主様の利益”を優先するため、他社にも自由に広告してもらう体制を取っています。

間取りなどの画像を自由に使用可能

スーモやホームズなどで広告する際、建物の外観や内観の写真を撮影したり、間取りを作成する必要があります。販売に協力してくれる不動産会社の業務を少しでも軽減させるために、当社が用意した間取り図面や建物写真を自由に使用できるようにしています。他社が積極的に販売に協力してくれることで、物件の成約率を上げることにつながります。

不動産のセカンドオピニオン!
すでに販売中の物件もお任せ下さい



  • すでに売りに出しているけどなかなか売れない…
  • 独占広告されていて広告がほとんどされていない…
  • 担当営業マンの対応に不満がある…

 

上記に当てはまる場合、一度当社にご連絡くださいませんか?

セカンドオピニオンとは、医療業界でよく使われる言葉で「今かかっている主治医以外に求める第2の意見」のことをいいます。すでに販売していてある程度の期間が経過している場合、どこかに”売れない原因”があるはずです。当社では、売主様とともに「より良い条件で売るためにどうするか?」を真剣に考え、実践していきたいと思っています。不動産売却に対して少しでも不安、不満がある場合はお気軽にお問い合わせください。