不動産の資産価値を高め
より良い条件で不動産を売却


バリューアップは、IT技術や建築技術を駆使して不動産の資産性を高め、より良い条件で不動産売却ができるようにすることを事業目的としています。

不動産仲介は、売主様の不動産を仲介という立場で販売させていただくのが仕事です。
「同じ商品なんだから、どの不動産会社に依頼しても売れる価格は同じでしょ?」と思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。どのように販売するかで、売れる金額に大きな差が生じることも珍しくはないのです。不動産売却は一生の内でそう何度も経験することではありません。そのため「大手企業なら安心」というブランド志向が強く働き、サービスの違いを気にしていない売主が多く見受けられます。

注文住宅や新築マンションのように、建物自体が商品の場合は「どの会社が建てたものなのか?」を気にする買主様が多いためブランド力は欠かせませんが、土地や中古住宅を売却する場合は”今あるモノをどうやって高く売るか?”というアイデア力と販売方法への工夫が欠かせません。

当社では今までの中古住宅の買取再販、新築分譲事業などを通じて培ったノウハウで、売主様の不動産を”より高く” ”より早く” ”より安心”に売却するためのサービスをご提供致します。

大手企業だからって本当に安心?
~不動産業界の裏事情~


不動産業界には、以前から問題になっている「囲い込み」「独占広告」というものがあります。
本来、売主様から売却を依頼された不動産会社は、不動産会社同士で物件を共有し、それぞれの不動産会社と協力して不動産の売却に努める義務があります。しかし、買主を別の不動産会社に見つけられると、売却を依頼された不動産会社は”売主様からの手数料しかもらえない”という理由で、物件登録が法律で義務付けられている物件共有システムに物件を登録しなかったり、別の不動産会社からの問い合わせに嘘をついて紹介させない会社も多数存在しています。

不動産 物件の囲い込み

「このご時世にそんな悪いことをする会社なんてないでしょ?」と思うかもしれませんが、実際にこのような悪習慣は不動産業界の中で浸透しています。本来であれば、広告を特定の会社だけで行うかどうかも売主様が決めるべきだと思いますが、ほとんどの会社が「会社内のルール」として決めてしまっています。

独占広告は、両手取引で売却するために大手企業・中小企業問わず行なわれています。両手取引とは売主様と買主様双方から手数料がもらえる取引のことです。会社を存続させるために「契約一件あたりの利益を増やしたい!」という気持ちは分かりますが、売主様の視線から考えると「囲い込み」や「独占広告」は売却のチャンスを逃すことにつながってしまいます。

両手取引には注意が必要!
売主と買主の希望は合致しない!


不動産会社の利益を考えると、売主買主双方から仲介手数料がもらえる”両手取引”は最も効率の良い取引です。しかし売主と買主を1人の営業マンが仲介することは、”どちらかの希望を優先してしまう可能性があります。「売主は少しでも高く売りたい」「買主は少しでも安く買いたい」と考えており、売主と買主の方向性が一致することはありません。

仲介という仕事は不動産業界以外にも色々ありますが、「同じ方向性を持った人同士をつなぐ」という仲介がほとんどだと思います。例えば結婚相手を仲介する結婚相談所などでは、”良い相手を見つけたい”という方向性は一致しているはずです。不動産仲介のように、仲介する双方の方向性が同じではない場合には「どちらかの希望に偏る可能性がある」ということに注意する必要があります。

当社では”売主様専門”のスタッフが対応します


当社では、売主様の利益を最優先にするために売主様専門のスタッフが対応し、売主様と共により高く、より早く、より安心の不動産売却を達成するために行動していきます。

売主様の対応に専念することで、売主様にとって最善の不動産売却を追求することができます。お客様の大切な資産をより良い条件で売却するために、当社ではさまざまな創意工夫を行っています。